新着情報

料理ごとに異なるヤンニョム!韓国料理「味音(みそり)」。

コリアンタウン新大久保から1駅。高田馬場の韓国料理店には、新大久保から韓国人もやってくる。人気の秘密は料理ごとに異なるヤンニョムタデギ(とうがらし調味料)。火曜・木曜は半額イベントやってます。

続きを読む


噂の最新名古屋メシが高田馬場に上陸「まぜそば しるし」。

いま名古屋で大人気の「台湾まぜそば」が、高田馬場に上陸。きしめん、味噌煮込み、あんかけパスタ。オリジナリティの高さ故か、東京で大ヒットの少ない名古屋の麺。はたしてその前例を破ることはできるのか。

続きを読む


超☆インスパイア系ラーメン「千代作」。

学生街の高田馬場でタンシチューが食べられると聞きつけて、たどりついたはラーメン店。しかもこのラーメン店がただものじゃぁなかった。それはまるで小ネタのデパート。一見の価値あるお店です。

続きを読む


高田馬場発祥のタイ料理「スパイスロード」。

トムヤムラーメンという、一見キワものなメニューを起爆剤にしてタイの独特の味覚を日本中に広めたティーヌン。高田馬場を日本のタイ料理発祥の地として認定してほしいくらいの新事実、わっさわっさと出てきます。

続きを読む


ベトナムのおもてなし食堂「チャオハノイ」

ミャンマーに引き続き、ベトナムから呼ばれ始めた感のある高田馬場新聞。アジア大好きな高田馬場新聞の血は、さらにベトナム美女の登場で沸騰寸前の取材になったのは想像に難くなく。。

続きを読む