突然ですが、高田馬場新聞は2018年から西早稲田3丁目で中国茶カフェを営んでいます。

甘露というお店です。

地域との接点となる場所にしたいという思いがあったので、商店会にも加入しました。西早稲田商店会です。

西早稲田商店会には子育地蔵尊があり、そのスペースを活用したイベントを開催したり、七夕、竹恵の輪(ちくえのわ)など、様々な取り組みを行っています。

高田馬場新聞も月に1回の定例会に顔を出し、微力ながらお手伝いをしています。

 

定例会には商店会に加盟しているお店やビルオーナーさんなど、いろいろな方が出席されるのですが、その中にスーツを着たいわゆる「ザ・会社員」といったたたずまいの方がいらっしゃいます。

石川さんといいます。

商店会というと飲食店のマスターとか電気屋さんのおやじさんとか、いわゆる個人商店主といった方々の集まる場所だと思っていたので、それがちょっと意外で。

しかもこの石川さん、細かいところまで気配りがきいて、手間のかかる雑務をあれこれと引き受けてくださるんですね。

聞けば石川さんは、西早稲田に本社のある不動産管理会社「エヌティーコーポレーション」の社員なのだとか。

地域密着の不動産管理会社として商店会活動に積極的に参加するようにしていて、石川さんはその担当者ということです。

 

ふむふむと思いつつ、ふと気がついたことが。

不動産の管理会社って、例えば水道栓から水漏れがした時とか、借りている物件でトラブルがあった時に連絡するところ、程度の認識しかありません。

不動産仲介の会社ならば比較的馴染みがありますが、不動産管理会社ってどんなことをする会社なのだろう。。

 

そんな疑問が湧き上がってきて、せっかくなので石川さんの会社を取材してみることにしました。

 

オフィスは馬場口交差点南東角。AOKIが1F・2Fに入るビルの3Fです。

4人の皆さんが出迎えてくださいました(撮影時のみマスクをはずしています)。

写真の右から星山さん、藤田さん、石川さん、石井さんです。

星山さんと石川さんが株式会社エヌティーコーポレーションの開発営業部、藤田さんと石井さんが株式会社エヌティーサービスのリフォーム事業部所属です。

 

早速ですが、不動産管理ってどんなお仕事なのですか?

星山さん「一言で言えば、賃貸マンション、アパートや分譲マンションなど、お住まいの裏方といった仕事です。マンションやビルの大家さんから管理を任せていただいて、定期的な清掃業務や設備点検、あとは様々なトラブルを昼夜問わず対応します」

 

あぁ、なるほど。大家さんがお客様になるわけですね。どうりで自分とはご縁が少ないわけだ。いつかビルや賃貸マンションの1つや2つ、持ちたいものです。

 

管理しておられるのは高田馬場・早稲田の物件が多いのですか?

 

石川さん「東京23区内を中心に、都下、神奈川、千葉、埼玉にも一部管理物件があります。ここから近いところだと、高田馬場2丁目の『やよい軒』さんが入っている物件なんかがそうですね」

おぉ。なんかいきなり親近感がわいてきます。ビル持ってないけど。

石川さん。いつも商店会でお世話になっています。

 

そう言えば、早稲田大学でもコロナの影響で昨年は対面授業を中止したり(現在は対面授業も再開)していましたが、賃貸物件の状況にも影響って出たりしたのですか?

石川さん「そうですね。入居率(貸し出し物件数に対して実際に借りている人のいる物件数の割合)でいうとそこまで酷くないと言えますが、入居が決まる物件と決まりにくい物件の差がでてきています。1つの物件で3部屋が空室になっている物件も増えている印象で、あとは不動産仲介業者に大家さんが支払う手数料が上がっている傾向も見られます。この手数料は空室が長期化し、入居が決まりにくくなると上がる傾向になります」

「手数料をたくさん払うから、なんとか決めてくれ」てなところでしょうか。

 

いつかビル、賃貸マンションの大家になった日に備え、大家さんの気持ちであれこれ聞いていきます。

 

早稲田通り沿いでも銭湯の跡地にマンションを建ててるっぽいですし、新築の物件ってポコポコできてますよね。

自分の物件が決まらないのに新築はできるわ、コロナで学生が減るわでは、ちょい古物件を抱える大家さんとしてはもう悩ましくて仕方がないじゃないですか(涙目)!

既にちょい古物件の大家さんの気持ち(新築じゃないところがちょいリアル)になってきました。

星山さん「そうでしょう。そんな大家さんにぜひオススメしたい当社の新商品があるんです。D-ReNT(ディレント)といいます」

えっ!なんですかそれは(引き続き大家さんの気持ちで)。

星山さん「簡単に言いますと、ほぼ現状の家賃で当社が大家さんから物件を借りて、改装を施して貸し出します。大家さんのリスクがほとんど無い、当社としてもかなりチャレンジングな商品になります」

いわゆる転貸、になるのでしょうか。

石川さん「そうです。サブリースと言います」

大家でもないくせに前のめりになりかける高田馬場新聞の耳の横で「世の中にはそうそう、うまい話があるわけがないよ」と誰かがささやきかけます。よし。ズバッと聞いてみましょう。

 

それ、御社の収益はどうやってあげるんですか?

 

石川さん「改装して家賃を少し上げることで差額家賃がまず1つ、あとは管理業務や保険の取り扱いなど付随するところで少しずつ収益が得られます。とは言え改装にかかる費用はそれなりに大きいですから、長期にわたってその物件をお任せいただけるように、大家さんとの関係を構築していかなければなりません。D-ReNTは、その大家さんと当社との関係づくりの第一歩と考えています」

 

そういうことですか。徐々に全体像が見えてきました。

星山さん「当社としても地元である高田馬場・早稲田エリアに密着、貢献して管理物件を増やし、地域に根付いた不動産管理会社として成長をしていきたいと考えています。ですのでD-ReNTも山手線高田馬場駅、副都心線西早稲田駅、東西線早稲田駅から徒歩12分圏内(半径約1km内)に限っています。なお、現状の家賃が相場感に見合っていないなど、現状家賃での借り上げが難しいこともあります」

 

石川さん「地域密着を強化していく!というのは弊社社長の鈴木も打ち出している方針で、当社のビジョンとして、その方針を受け我々としてもかなり攻めた商品を開発しました」

 

商店会での石川さんの働きっぷりからも、地域密着を強めようという同社の方針は理解しているつもりの高田馬場新聞。

これならちょっとお任せしても良いかな…と一瞬考えましたが、残念ながら物件の手持ちがありません。

 

ちなみにどんな感じに改装してもらえるのですか??

 

藤田さん「ここからはリフォーム事業部の我々がご説明をしましょう」

「写真撮るといったらこういう感じですよね」とポーズ決め始める藤田さん。業界では「ろくろ回し」などと言います。

 

藤田さん「デザインのバリエーションを4タイプ、ご用意していまして、それぞれ物件のターゲットに合わせて改装をしています。本当なら実際の物件をお見せしたかったのですが、改装するとすぐに入居してしまうため、お見せできる物件が今ないのです。施工前後の写真がありますので、そちらをご覧ください」

 

こちらが「CAFE」というタイプです。

築31年鉄筋コンクリート造のワンルーム(17.25㎡)の物件です。壁面にレンガ調、天井・梁には木目調のアクセントクロスを採用しています。

(before)

 

 

(after)

 

(before)

 

(after)

 

(before)

 

(after)

いいですね〜。確かにカフェっぽい。

 

続いて「TELEWORK」。石目調をアクセントに、落ち着いた雰囲気のデザインです。

築29年の鉄骨鉄筋コンクリート造、ワンルーム(19.66㎡)です。

(before)

 

(after)

 

(before)

 

(after)

 

(before)

 

(after)

 

(before)

 

(after)

 

 

こちらが「POP」。カラフルな色合いになっています。

築14年の鉄筋コンクリート造。1K(20.55㎡)です。

(before)

 

(after)

 

(before)

 

(after)

 

(after)

 

(before)

 

(before)

 

(after)

 

 

4つ目は「VINTAGE」です。木目調の塩ビタイルを壁面に使用しました。

築30年の鉄筋コンクリート造。2DK(45.60㎡)の物件です。

(before)

 

(after)

 

(before)

 

(after)

 

(after)

 

(after)

 

(after)

 

当然ながら改装後の写真はピカピカだし、デザイン性もアップしています。素人目にも入居につながりやすい気がします。

しかしデザインのタイプをある程度決めているとは言え、物件ごとに間取りは違うわけですし、かなり大変なのではないですか?

 

石井さん「我々リフォーム事業部には内装工事の職人を社員として抱えていますので、現場の細やかな対応ができるのです」

不動産管理だけでなく内装職人までいるとは。恐るべしエヌティーコーポレーション。

商店会の一員でいてくれるのを、思っていた以上に心強いなと改めて感じた次第です。

 

さて、いろいろお話を聞いてきましたエヌティーコーポレーションさんから、D-ReNTに関するオンラインセミナーのお知らせです。

2021年8月21日(土)にzoomを使って開催されます。

写真は7月17日に開催されたセミナーの様子です。

空き物件を抱えてお悩みの大家さんだけでなく、今は満室経営ができている大家さんにも聞いておいて損はない情報ではないかなと思います。

あと何より良いのがwebセミナーなので、こういったセミナーで気になる「グイグイ営業かけられそう問題」の懸念が無いのも良いですよね。

 

専門的な用語やシミュレーションなど、記事では紹介しきれていないリアルな部分のお話は、ぜひセミナーで聞いてみてください。

 

D-ReNT zoom説明会

8月21日(土)
【午前の部】
①10:30~11:00
②11:30~12:00
【午後の部】
③15:30~16:00
④16:30~17:00

当日のご参加はこちらをクリックしてアクセスしてください。

セミナーの内容などの詳細は、エヌティーコーポレーションのwebサイトからご覧ください。

D-ReNTの紹介はこちらからご覧いただけます。

 


CORPORATE DATA
株式会社エヌティーコーポレーション
新宿区西早稲田2丁目21-12
Tel.03-3208-8300
営業時間:09:30~18:30
定休日:年末年始

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


PAGE TOP