こんにちは!
Googleローカルガイドの”あじのひらき”です。
コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除され、街は少しだけ活気が戻ったようにも感じますが、以前と同じと言える状況ではなく、本当にこのまま以前と同じような活気ある街並みが戻ってきてくれるのか不安を感じつつ日々を過ごしております。
少しでも、早稲田&高田馬場の街並みが活気付くよう、今日もお気に入りのお店を紹介したいと思います。

今日紹介したいお店は”八幡鮨”さん。
八幡鮨は、早稲田駅前にある穴八幡宮から、高田馬場に向かって真っ直ぐ歩くと右手にドドーンと見えてくる大きな看板が目印のお寿司屋さんです。

初めて訪れたのは、お昼休みに周辺をブラブラしていたら見かけて、「昼からシースー!イエーイ!!」みたいな軽いノリでした。

しかし、このお店、実はとっても歴史あるお寿司屋さんなのです。
創業は明治元年。
西暦でいえば1868年だから、
今からザッと152年前!

更に、かっぱ巻き発祥の店。
前代の4代目店主が、日本で初めてかっぱ巻きを握った寿司職人さんとのことです!(凄い!)

そんな歴史ある八幡鮨を切り盛りするのは、5代目店主。
代々受け継がれる伝統のある立派なお寿司屋さんなのです!!

そんな歴史あるお寿司屋さんなのに、何故か親しみやすい雰囲気があって、フラフラ〜っと立ち寄ってしまいたくなる。
そんな、格式と親しみやすさが共存しています。

ランチメニューは2種類。
八幡鮨のランチメニューはバラチラシとニギリの2種類。
お値段はリーズナブルだけど、どちらも本格的!

●バラチラシ(1,300円/税別)

●にぎり(1,300円/税別)

ネタは、毎日市場で仕入れていますから日によって内容は少しだけ変わります。
新鮮なネタが入った時は、店主さんがカウンター越しに説明してくれたりして、そういうやりとりもなんだか特別感あって好きです。

個人的に特筆すべきはシャリ!
新鮮なネタが手軽に楽しめる八幡鮨。
しかし、私は、ネタ以上に『シャリ』の美味しさに感動しました。

シャリにはお店の個性が出ます。
今まで色々なお寿司屋さんでお寿司を食べてきましたが、一度だって同じシャリを出すお店にでくわしたことはありません。
つまりは、寿司屋の数だけシャリがあります。

八幡鮨のシャリは『良い意味で上品過ぎなくて、ほんのり甘さを感じられるようなふんわり系の優しいシャリ』。
口に入れると自然とほぐれ、なんとなく優しい気持ちになってしまうこのシャリには、きっと、早稲田と共に長い年月を過ごし、地域に愛され、地域を愛してきた八幡鮨だからこそ出せる『優しい味』なのだと私は確信しています。

サイドメニューも是非!
ランチの主役は「バラチラシ」「ニギリ」ですが、機会があったらサイドメニューも試してみて欲しいです。
ちょっとだけご紹介するとこんな感じです↓

●4代目の塩辛
最高にクセになる逸品!
イカの旨味が凝縮されていて他店で食べる塩辛とは別格の美味しさです。
私にとっては、今まで史上最高に美味しい塩辛です!

●牡蠣の煮物
季節限定かもですが、牡蠣の煮物みたいなやつ(?)です。
プリンとした大きくて新鮮な牡蠣が美味しくて、次々頬張ったら、あっという間に無くなっちゃいました(笑)
満足を超える満足感を味わえるちょっと豪華なお味でした♪

 

6月1日から営業再開!!
そんな八幡鮨は、コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言を受け、ここ最近はテイクアウトのみの営業でしたが…とうとう、6月1日から店内営業再開!

 

席の間隔を空ける、マスクの着用、換気の徹底などは勿論、小分けのアルコール除菌シートを各席に設置するなど、感染予防対策に余念はありません。
是非とも、この機会に八幡鮨のお寿司を食べに行ってみませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

SHOP DATA

八幡鮨
住所:東京都新宿区西早稲田3-1-1

tel.03-3203-1634

営業時間:
11:50 – 13:30 、 17:30 – 22:00
[祝] 17:30 – 21:30

定休日:日曜日

MAP: https://goo.gl/maps/LDcwt3uuko1NshpM6

公式HP: http://yahatazushi.com

公式Twitter: https://twitter.com/yahatazushi/

公式Facebook: https://www.facebook.com/yahatazushi/

公式Instagram: https://www.instagram.com/yahatazushi/

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
ルートを検索