どうも、最近社会人生活に恐れおののく学生記者のにこらすです。

特に朝起きるのが苦手です。今朝も起きたら12時でした……。あ、もう朝じゃないですよね……。

さて!! 今日は都電早稲田駅近くの海鮮屋さん、梁川さんで行われたマグロの解体ショーに行ってみました。ちなみに3/9と3/10の二日間、捌かれたマグロのどんぶりが提供されます!!詳細は記事の最後で!!(こう書くと最後まで読んでもらえると聞いたので)

大将の二瓶さんは元々築地市場で働かれていたとか。で、こちらはマグロ。今から捌かれますよの表情です。

にこらすも無人島生活(サークル)で獲得した能力で、たまーーーに魚をさばくのですが、このサイズはすごいですね……。

28.4㎏、長崎県産の本マグロさんです。堂々たる見た目ですよね。

このとてつもなく長くて、ほぼ刀みたいな包丁でさばくようです。子供のころ刀って憧れますね。カッコいいす。

さて、ついにマグロさんに刀が入ります。

まずは、尻尾から行きます!! 見えにくいですが、のこぎりを使ってます。よっぽど切れないんですね!

ひれを落として……。

頭を落としていくと……。

胴体だけになりました!! 色が白い感じがしますが、時間がたつと色が出てくるそうです!!

そうこう言っているうちに半身になり……。

おろされてしまいました!! ちなみにこの骨の間が中落といわれる超希少部位なのだそうです!!

お子さんから試食会!!! スプーンで削っていただきます。

ちゃっかり僕ももらってしまいました。これがうまいのなんのって!!

臭みは全く感じないのに、マグロの旨みはしっかりあります。まずいマグロって鉄分感が強かったりして苦手なんですけどね。これは最強。

 

奥様のMari Niheiさん!!! すっかり骨だけになってしまったマグロさんと写真を一枚!

後光がさしているうえに、すげー楽しそうです。(笑)

さらにさらに……。マグロのお頭とチュッ♡

さぁ!色が出てきてますね!!真っ赤でおいしそう……。

ここが大トロらしいです。めちゃ脂乗ってる……。食べたい……太る……。

食べることにしました。ネギトロに、大トロ中トロ、赤身が入ったこの豪華マグロ丼。

いくらだと思います!?!?!

なんと1500円。やばいですよね。

 

味は本当に絶品です。いやな部分は全くなく、肉厚極旨の海鮮丼。さぁ。梁川へいそげ!!!

 

現場からは以上です!!

SHOP DATA
梁川
住所:東京都新宿区西早稲田1-22-2
電話:080-8161-9806

03-3208-8754

営業時間:11:30~14:00 17:30~22:00

日曜日のみ 12:00~14:00 17:00~21:00

 

定休日:水曜日

 

現在地
ルートを検索