2019年、三回目を迎えました高田馬場日本酒めぐり。GWに昼間から日本酒を飲んで街歩きをする超素敵イベントなわけであります。
今回は過去最多16店舗が参加してくださいました! 入れ替わりもありそのうち新店舗はなんと7店舗。昨年の記事で紹介できていなかった新規参加店舗さんプラスアルファ、記者が回れるだけ回ったお店を大公開しちゃいます!!

このイベントではおちょこ一杯(60ml)300円、フード一品500円均一でございます。一杯、一品だと一軒800円で回れてしまう計算に!!

これは高田馬場で知らないお店に行って開拓するのにうってつけではないですか!!!!

そこで、新参加店さん中心に回ってみました。前編は一日目に記者と友人が回った3店舗です。

 

日本酒巡り一件目は、博多ばりちゃんさん! 写真からもわかる陽気で楽しい店長さんがお出迎え。

開口一番「高田馬場新聞のTwitterでほかの店ばっか紹介して、見てますよ(笑)」と凄まれてしまいました(笑)

お料理は一旦チキン南蛮。サクサクで濃厚なタルタルソースと肉汁がほとばしります。

お酒は若波と東一。若波は飲みやすく、東一はどっしり。どちらもどちらの良さがありますね。

さらにさらに、ラーメンも500円と超お得です。
いや、博多ラーメンっておいしいですよね。細麺ののど越しに濃厚スープが絡みます。

高田馬場は激戦区ですが飲めるラーメンやスタイルのばりちゃんは異彩を放っています。

はい、次に来たのは「まずい魚 青柳」さんです!!

宮内庁御用なしなんて看板も粋ですが、写真はありません(笑)

今回初参加の店舗さんですね。ありがとうございます。

 

お酒充実してますね。

今年は緑のおちょこです!! 龍神と会津中将をいただきました!!!

選んだ理由は名前が強そうだから。(笑)

どちらも吟醸香が強くおいしくいただけました!!

まずはアナゴの白焼きから~~。わさびをチョンとつけていただくと上品な旨みが広がります。さっぱりしてていいですねぇ。

こちらは馬肉ユッケ(はず)です!! 生の肉って美味しいですよね。脂と甘めのタレ、黄身が絡み最高です。

料理する人ってかっこいいですよね。

なんと500円でこの量のウニ。赤字採算だそうです。(笑)

臭みが全くなく、甘くて控えめに言って最高でした。

さらに追い打ちのいくら茶漬け。上品なお出汁といくらの塩気がマッチしてさっぱりおいしくいただけます。ズズっと掻き込んでしまいました。

 

さて次に向かったのは青柳さんのほど近く、「やだらめぇ」さんです。東北系居酒屋だけのことはあって田酒の純米大吟醸と陸奥八仙をいただきます!

田酒は旨み、吟醸香ともによく、陸奥八仙は甘めでおいしかったです!!

カウンターの中に寿司職人のおじさんがいて握っていただきました!!

手前から〆鯖、真鯛、マグロ、カツオです。ネタの鮮度が高く、プロが握っただけにこれが500円とは……。

さらにおススメされるままにウニも追加注文(一貫500円)!

臭みがないウニはお酒が進みますねぇ。

しかし、ここで問題が。一軒目からラーメンを食べ、お茶漬けにお寿司とおなか一杯に……。ということで一日目はあえなく撤収。二日目に回りなおします!

 

後編はコチラ