はじめまして ”あじのひらき” と申します。

年齢は40歳。会社経営をしています。

 

私が初めて早稲田に訪れたのは今から数年前。

初めて訪れたのに何故か懐かしくて、心落ち着くこの地に惹かれ、その後少ししてから、都電早稲田駅近くに部屋を借りて仕事場にしました。

今や、会社や自宅で過ごすより多くの時間を早稲田で過ごし、日々、早稲田ライフを楽しませて頂いております。

 

さて、そんな素敵な早稲田には、素敵なお店が沢山あります。

今回はその中の一つ「ほぼ野菜レストラン shy」さんを紹介したいと思います。

 

入りづらいお店ですが一歩足を踏み入れてみると…?

最初に通りがかった時には、白塗りの壁とレンガの組み合わせがシンプルで素敵な雰囲気のお店だなって思ったのですが、入りづらい印象が強くて興味を持ちながらも断念。

 

こんな感じです。なんとなく入りづらくありません?↓

 

しかし、ある夏の日(2019年8月)。『ランチ始めました。』という立て看板が店頭に…!

Googleローカルガイド(Googleマップに口コミを投稿する人のこと。)でもある私として「これは見逃せない!」という想いに駆られ、また、ランチならば入りづらさも軽減するという謎の理論に後押しされて勇気を出して店内へ!

 

一歩足を踏み入れた瞬間、印象的だったのは右手壁一面にズラーッと並べられた書籍の数々。

更に、背表紙の多くは哲学や宗教に関する書籍が多くて、軽い気持ちでお邪魔しちゃダメだったかも…と、一瞬不安を感じましたが、少し後には朗らかな笑顔のマダムがお出迎え下さり安心して席に着くことができました。

 

後日、HPをみて知ったのですが、ここのお店はもともと有名な舞踏家である室伏鴻さんに関連する資料を保管するアーカイブカフェ(※恐らく図書館的な役割を兼ねたカフェのこと。)とのことで、壁一面に並べられた書籍も室伏鴻さんに関する書籍だったみたいです。

 

私は、花より団子って感じで食べるばかりですが、書籍にも興味がある方はより一層素敵な時間を過ごせるお店かもしれません。

 

店内はおしゃれな雰囲気であると同時に広々としていますので、友人との語らいの時間を過ごしたり、デートの合間に立ち寄るのもgoodだと思います!

 

美味しすぎる野菜の数々に驚きました。

ほぼ野菜レストラン shyさんのランチメニューは一種類。

内容は日替わりで、採れたての野菜と玄米を使ったワンプレートです。

 

盛り付けられた野菜は、『山形県鶴岡市の豊かな土壌で育くまれた伝承野菜オンリー』とのことで、実際に食べてみると、こんなに野菜って美味しかったっけか…と、素直に感動してしまう美味しさでした。

 

味付けはとても薄口なのに、一つ一つの野菜の味が濃くて、パクッと食べると野菜の味が口いっぱいに広がります。

 

例えば、カボチャ一つとっても、砂糖を使っているわけでもないのに、まるでスイーツのように甘くて、いつもスーパーで買うカボチャとはあまりに違っていて、「私は今まで、カボチャでは無い何かをカボチャと勘違いしていたようだ。」と思わざるを得ないほど美味しかったです。

 

ちなみに、私はベジタリアンではありませんし、普段は野菜より肉という感じですが、こんな私でも、ここまで美味しく野菜が食べられるのは本当に凄い。

(野菜はあまり好きじゃ無いから…という方も、是非一度食べてみて欲しいです!)

 

届いた野菜に合わせて即興で生み出されるランチメニュー。

前述した通り、ここのランチメニューの内容は日替わりなのですが、何度目か訪れた際、見知らぬ野菜を発見。

 

 

写真の中央手間にあるカブの右隣にある野菜です。

なんとなく、ほうれん草っぽいけど、これが噛み心地が良くとても特徴的で美味しかった!

思わず、自然に口にしてしまった「美味しいー…♪」に、にこやかな店員さんが反応くださり、それはこの野菜ですよ…と、丸々した野菜をキッチンから持ってきて見せてくださいました。

 

 

「多分、縮みホウレンソウっていう野菜だと思う…」と説明くださった店員さんに、「多分ですか?」と思わずツッコミを入れてしまった私。

 

その後、少しの間お話ししていたら、どうやらその日に届く野菜は当日の朝に到着するまで謎のベールに包まれていて、いざ届いても、それぞれの野菜の名前なんて説明がついているわけじゃ無いし、どんなメニューにするかも届いてから考えるのだとか…(凄い!)。

 

野菜が届いてから、どんな料理方法にしようか考える様子を楽しそうに語る店員さんの様子からは、野菜に対する深い愛情と、様々な野菜を調理してきた百戦錬磨の料理人としての表情がみえ感服いたしました。

 

コロナの影響で…。

そんな素敵なお店「ほぼ野菜レストラン shy」さんも、コロナウイルス感染拡大による影響で今は営業していません。

 

公式Facebookにある4月22日の投稿では、5月中旬あたりにテイクアウトを用意できないか考えているとのことでしたが、5月18日現在時点ではまだのようです。

 

早稲田には、数多くの美味しいお店がありますが、割とコッテリ&ガッツリな料理を提供するお店が多い傾向にあるように感じます。

 

普段は、コッテリ&ガッツリの料理が好きですが、それらを連日食べることによる反動か、無性に野菜が食べたくなるような時もやっぱりあります。

 

そんな時は自然と「そうだ。今日のランチはshyに行こう。」と思いたちます。

しかし、その後すぐに営業自粛しているという悲しい現実を思い出して、その度にとても悲しい気持ちになります…。

 

コロナが収束してshyの美味しい野菜が食べられること。

そして、店員さんの素敵な笑顔が戻ってくること。

そんな日が1日も早く訪れることを願っています。

 

そして、コロナ後も、早稲田&高田馬場の素敵な街並みが変わらずにあり続けることを心から願っています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

SHOP DATA

ほぼ野菜レストラン shy
住所:東京都新宿区早稲田鶴巻町557-12

MAP: https://goo.gl/maps/Qfa9CxrBAPig5TW19

公式HP: https://kkunstwatanabe.wixsite.com/shys

公式FB: https://www.facebook.com/hoboyasai/

営業時間:11:30~19:00

定休日:水曜日

お店は現在休業中です。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
ルートを検索

PAGE TOP